03_3545_5450
 MODEL & TYPE
Condition
Price
'Tax Excluding'
Picture
Taylor Custom Shop ‘Starship LT’
Starshipの軽量タイプで、実にEfficiencyの高いモデルに仕上がった!「軽くスピードのあるエアー」で吹くと「それが痛いほど判る」らしい。そういえば「息の量を増やす」って言われると大体大音量でがなり立てる人が多いけど、その手の「ど根性」はことTaylor、特にこのモデルに関しては必要なし!ギャップも一昔前みたく1mm前後なんてClose Settingには向いてないからね。軽く、しかも速く、そして小粋にフレーズをくり出しながら自分の「歌」を唄える人に是非吹いてもらいたい!とにかく驚くほど楽に吹ける楽器だから!!まあ「人間拡声器」型が主流の日本ではなっかなかそんなPlayerはいないけど、でも間違いなくいるんだわ、これが!!もういい加減アジ演説は止めて音楽しませんかね??
NEW Call
Taylor Custom Shop ‘Balladeer LT’
BalladeerのBellはとにかく「厚い」、そして「熱い」!!Human Voice Soundってよく言われるけど、ホントその滑らかな響きと中低音のハンパない倍音が強烈な個性と存在感をもって伝わってくる!それに音量のデカさも桁外れで、しかも決して耳にうるさくないんだよね。しかも「全くストレスがない」から軽く吹いても客席の後部にまで生音が飛んで来る訳さ!いやあセンの細い音でChaseの曲とかを鬼の形相で吹いてる、なんてのがよくあるけど、あの手の音はライブで聴いてる方からすると「シー」とか「キー」とかのノイズばかりで「楽音」は全く聴こえてこないんだよねー。ホントに力のあるプレーヤーはそれが全く違うんだよなあ。Full Bodied Soundが何かを知っているPlayerにこそ是非このモデルでその真髄を体験して欲しいやね!
NEW Call
Taylor Custom Shop LT
Taylorのラインナップの中でも最も古くからあるこのShapeを使って、「ライトであってヘビー、ヘビーであってライト」なんて訳のわからないAndyのコンセプト(?)で作られたこのモデルは、結局「吹き手のチョイスによって如何様にも対応できる万能型」という事なんだよね。そこで手っ取り早いのがマッピの選択!それにしても最近異常なまでに細かくスペックの分かれたマッピが多くて、カップやリム径どころかバイトの角度にスロートの長さ等などメチャクチャ細かく細分化されてるよね。でもそれって「人間の歯や顎の骨が絶対に変化しないでいつも同じ状態である事」が前提になってるよね。つまり自分のアンブシュアはデーター化できるくらいいつも「不変」である、て言うか逆にそうでなければ数値化できないもんね。でもそりゃありえんでしょ!人間の器官って常時変化してるし、同時にすごく柔軟性があるし適応力もある訳じゃない。そこまでガチガチに決めてしまうと逆にどうなの???って思うけどね。ま、とにかくマッピの選択や吹き方、コントロールの仕方によって明確に表情を変化できる楽器って事なんだけど、これこそ吹いてもらわないと判らんだろうねえ!一言でそうは言っても、実際に変化の幅のある楽器って、コレがほとんど無いんだよね〜!!
NEW Call
Taylor Custom Shop ‘'The Committee’
待ってました、大統領!!よくもまあここまでやってくれたよ、Andyさん!昔から人気のモデルだけど、今となってはもはや「廃品」ばかりだし、その上構造上の欠点の多い機種だけにオリジナルのまんまでは槍一本で戦争に行く様なもの!そこで各所・各問題点を徹底的に改良し進化させたこの モデルは、今からでも即本番使用の出来る完成度。オリジナルの欠点?とにかくこのベルの広がり方見りゃ解るでしょ?こりゃもはやFlugelhorn。だからハイノートでも余裕の広さのSlottingなんだけど、逆に安定しない、スジコみたいに繋がってしまう。Miles, Dizzy, Leeといった雲の上の存在の達人だからこそあそこまでコントロールできた訳で、彼等のCommittee時代の演奏をじっくり聴けば苦労なさってるのが音として記録されてるから凄くよく判るやね。それとリバースのリードパイプとメイン管、よく先っちょが使い古しの歯ブラシみたくなってるでしょ。まあ巷の楽器店では修理の人は大抵そのササクレを叩き切ってしまい、「新品みたいでしょ」なんてやってるから判らないかもしれないけど、これは何故?あとメイン管を一度外したら今度はなかなかハマらないのは何故?などなどその原因を突き止めていくと案外簡単な方法で劇的に改良されちゃったりする訳よ!それは吹いてからのお楽しみにしてもらって、急激なShift Changeにも余裕で応える、「今の音楽シーン」で最高の結果を出すことのできるCommittee、只今到着です!!
NEW ¥780,000- -
-
Taylor ‘Terminator’ NS
「異常なまでの反応の速さ」「艶っぽい音が全域で均質にヒットできる」「重量も軽くていいよね」といった反響で再生産のリクエストを未だにもらうけど、「何せ製作に時間と手間がかかる」だけに「By Order以外は受けないで欲しい」と泣きの入ったモデル。そこで日々延々説得の結果、今回の2本をラストという事で作ってくれた!但し前回の「Paxman時代の秘蔵のNS」はもう使い切ってしまったので現在入手可能なシートで製作された訳だけど、「ヌケはこちらの方がいいかも」「音の輪郭が引き締まってTightな感じになったね」など、むしろこちらを好む人が多い、というのがラッパの面白い所!とにかくどちらにせよこのNSという素材の真価を存分に味わってみなよ!NSメッキを無垢のNSだと信じてる人も少なくない程でしょ。ホントのNSを吹いた日にゃ・・・!!
NEW ¥780,000- -
-
Taylor Custom Shop Chicago U/X
Agingがまだ完了していない状態でオーナーが他機種に乗り換えた為に放出となった次第。これが吹き込まれたなら恐らく上段のCustomを遥かに凌駕してしまう絶対的パワー感とゴリゴリの骨太な響きは今までのトップクラス!なのに吹奏感となると全くスムースそのものなんだよね。言っとくけど、オリャーと怒鳴り声(?)で吹き散らかす人だとはねっ返されてしまう。十分なエアーを注ぎながらも軽〜くSpeedのあるエアーで吹く事のできる人にとっては史上最強の相棒となるのは間違いない!キツいだの抵抗があるだの言ってるのは完全にOver Blowしてる証。Taylor使いの達人諸氏はその辺を熟知してるから「全く疲れない」「ハイノートが嘘みたいに楽」となる訳さ!これはTaylor全機種に一貫して共通するポイントなんだけど、これが凄いと思うんだわ。そんなの他にあるかってーの!!
MINT Call -
-
Andalucia AdVance PhaseV
常遂に到着のAPV!CGやMFそしてWild Thingなど、主に白人の’High Note Addict’諸氏に大人気のLight Weight Bell &Largest Bore Sizeという組み合わせで「ハイノート命」のプレーヤーにはマストなモデル!とにかく「音がデカい」「超高音域でもスロットが明確」「吹きやすい」といったLead吹きにとって大事なPhysical面は全て備えてる強烈な個性を持った楽器だよね。それに「その系統」の中ではサウンドの厚みや音の表情など、往々にしてLead Playersが忘れてしまっている最も重要なファクターも考慮されている所に驚かされた!単なる「拡声器」ではなくて、あくまでも「楽器」を作ってるんだなあと!このWildで骨太なSoundと問答無用の鳴りっぷりは吹き手にとっても強烈な快感を与えてくれるのは間違いない!ペラペラ、ヒラヒラ系とは違う豪快な野太いLead Soundをまずは味わってみなよ!
NEW ¥198,000- -
ADAMS A4 Custom
ウチが入れた当時のが、これまたビカビカで委託となりました!旧知の職人さんが居た頃のだけに完璧な作りしてるし、サウンドも格好とは裏腹にやたらと鳴りっぷりのいいモデルなんだよね。今のもルックス一辺倒でなく、もう少し仕上げや作りが良くなればまた再開したいけど・・・。とにかくこの個体の時期は間違いない!!音の粒立ちもキレイだし厚みもあるし、それにオーナーの大事に使ってくれたお陰で非常にコンディションも抜群に良好!ジャンルを選ばず非常に吹きやすい個体!
MINT ¥248,000- -
-
Martin Committee Eb
これは「資料」としても意味あるモデルだよね。ウチもそう思って仕入れたんだけど「使えるなんてレベルじゃなく相当いいよ、コレ!」「ちゃんとコミッティーのニオイがする」と意外にも(?)高評価!Milesの御用達さまさまのBb管ばかりが有名だけど、Martinってブランドが真剣にBrassに取り組んでたって証だよね。今主流のペラペラな特殊管の音ってどうにもこうにも歯が浮いてしまいそうなのばかしだけど、こういった腰の座った音で朗々と吹きこなしてくれる本当の名手っていないのかねえ、この国には?
EX ¥198,000- --
-
Clifford Blackburn Custom Bb/SP
アメリカの個人経営によるトランペット製作会社としてはもはや老舗となったBlackburn。シリアルも3ケタのCliff全盛期の作で非常に反応の速いしかもアメリカ独特の「厚みのあるBrilliantな響き」、今は失われつつあるあの「骨太さ」を備えた楽器!コンディションも凄く良くてAnderson社によるシルバーメッキも非常に美しい!デビュー当時はBach用のメイン管やリードパイプなどのチューンナップ・パーツで脚光を浴びたので有名だよね。でもここのパーツの凄さって結局ここの楽器でこそ初めてその真価を発揮する訳で、他社製の楽器にセットしても全体のバランスが崩れてしまうケースが多いので要注意。
MINT ¥180,000- --
-
Luettke Bb Mdl. Viva Nuovo
リード向きのタイトでブリリアントな鳴りのNuovoモデルが入荷。実に丁寧に扱ってもらっていた様で非常にキレイな状態をキープしてるし、全域に渡ってスロットも明確だしイントネーションもバッチリ!こういう「吹ける人」の使っていた楽器は「余計な労力」を費やさずとも即実戦使用可能なのが魅力だよね。またこの価格、アリエネーでしょ!!
EX++ ¥148,000- --
-
Schilke S-22
御存知シルキーSシリーズのLボア仕様。最近はバック・タイプを出したり、銀ベルや彫刻入りなど昔からのシルキー・フリークが?????状態だけど、この頃はまだ直系のオリジナルなニオイのプンプンするコアなモデル。
EX+ CALL -
-
Bueshcer Trumpet Outfits
超絶ミントのブッシャー発見!サテン・シルバーとゴールドの2種類のプレートで彫刻をトリミングなんて今じゃ考えられない精緻なツクリ!ミュート、マッピもオリジナルのワン・オーナー品!こんなの二度と出ないよ!!
MINT CALL --
-
 
03_3545_5450
 MODEL & TYPE
Condition
Price
'Tax Excluding'
Picture
Taylor Custom Shop ‘Phat Boy’ State-Of-The -Art
遂に,ようやく,到々, Finally 完成の’ Phat Boy’のOne Offモノ!!従来のモデルは構えると自然にベルが上を向く様になっててその時にTiltさせたLeadpipeが真っ直ぐなポジションになるという寸法なんだけど、慣れない人には吹き辛いしHolding Balanceも余り良くない。その上に重量が結構ある。て事で徹底改良した結果がコレ!ベルも少し小ぶりなのにして、Valcunの「巻き」で全体をデザインし直した訳!言っとくけどコレはウチのオーダーしたものだよ!それが一体何回AndyのFacebookに登場してると思う??Andy、どこまで気合い入ってんねん!!ともあれ世界中のTaylor Freak諸氏の中で大騒ぎなこのモデルがやっと来るぞ!でも何故このモデルにあえて製作の難しいValcun Shapeを採用したかは、吹いた瞬間から判るでしょ!ややもすると「演歌の花道」的な響きになってしまう従来のモデルに比べ、よりHuman Voiceそのものな響きにしたかったからなんだけど、我らが目論見は見事に成功!!これがFlugel Soundの理想的な響きだと確信する次第。ここまでの思い入れのあるモデルだけに間違っても「高音雑技団」の方々には吹いてもらいたくない。たっぷりと「音楽」を唄いあげてくれるプレーヤーにこそ使って欲しい!「次にもう一本同じのを作ってくれと言われても絶対に無理!」と製作者に云わせてしまう程ある意味「降りてきた」インスピレーションの塊であるコレは吹く人選ぶよ、マジで!これを吹きにきた人がコレをどう吹きこなせるのか、私もその場でじっくり聴かせてもらいます。
NEW Call
Selmer K-Modefied Flugel
表紙でCTの持ってるのがこのモデル。この頃のセルマーってホントに凄い!作りもジラレナイシン丁寧で、なんといってもサウンドが濡れてる!!
EX++ Call
 
03_3545_5450
 MODEL & TYPE
Condition
Price
'Tax Excluding'
Picture
Taylor Custom Shop Cornet ‘Orpheus’ Custom Finish
「コルネットは英国製」という中でも桁違いにずば抜けた評価のTaylor Cornet。なかでもこの’Orpheus’はその響きの流麗さと柔らかさ、しかもAir Pushすると強烈に厚みのあるProjectionでホール中に響き渡る桁外れのパワーを持った「名機」として超有名な存在。だからこそ皮肉にもこないだみたいなFakeがいっぱい出てる訳だけど、何せホンモノは製作本数が極端に少ない!Taylor社でもオーダーの9割がトランペット、というのもあって、集中できるタイミングでしか製作しないんだわ!とにかく画像を見れば判る様に、管の曲げ加工箇所がやたらと多い。しかも組み上げ後にコルネットの宿命であるイントネーションの不安定な箇所を徹底して追い込んでいく作業などなど、いったんコルネットを作り始めると「犬の散歩にも行けなくなる」程時間がかかり、かなりの集中力が要求されるらしい。純粋なコルネットの専門プレーヤーが現地でも減少してる今日この頃、こういうずば抜けた完成度の高い楽器で今一度コルネットの素晴らしさを伝えて欲しいと思うよね、ホント!
NEW ¥850,000- -
-
York Cornet
今年70歳とは思えない鳴りのヨークが到着。彫りといいメッキといいどうしてこの頃のってツクリがいいんだろうねえ?
EX CALL
 
03_3545_5450
 MODEL & TYPE
Condition
Price
'Tax Excluding'
Picture
Legends Brass
Cat Anderson, Maynard Ferguson, Charlie Shaversなど伝説のプレーヤー達のPersonalなマッピを基に展開するLegends!Weightも3+1種類あってCuttingもメッキも非常にキレイな仕上がり。とにかくヴァリエーションが多く、自分のスタイルに合ったモデルが必ず見つかるはず!何と言ってもサウンドに独特の厚みがあってキンキン、ペラペラしていないのが一番の魅力だよね。 。
NEW CALL
Patrick NEW CALL
Harrison Wedge NEW CALL
Joe Giorgianni NEW CALL
Mad Max Mpc.
各サイズ、ドカッと入ってきたぜ!何となくKellyよりも若干厚めの柔らかな響きがするんだよね。息が入っても変な割れ方しないし、こりゃ結構使えるマッピだ!
NEW CALL
Schmidt Del Staiger Mdl.
伝説的プレーヤーDel Staiger のマッピをオリジナル・スケマティックから起こしたもので、Flugel, Cornet Trumpetの3機種が到着!このデザインといいサウンドといい何とも優美なラインナップで、これがホントの「豊かな音」って言うんだろうね。
NEW CALL
Weber Custom Mpcs.
遂に到着、Weberのマッピ!楽器同様「ここまでやるか!」仕様の驚異的精度で仕上げられたラインナップ。リム、カップ、バックボアの3ピースタイプを先ずはお試しあれ!もちろんオーダーも可能。
NEW CALL
Werner C. Schmidt
「幻の名器」(?)シュミットのマッピが入荷。Germany Masterでフリューゲル用もラインナップ。このデザインもサウンドもつくりも恐ろしく精緻なのには驚愕する!
NEW CALL  
Romera Mpcs. & Mutes
スペインよりのニューカマーはこのロメラ。ストレートミュートは種類が多い割りにどれもイマイチだと思う人に!楽器の延長であるミュートにはもっと神経遣って欲しい。マッピは正直クリビツもの!デンスのある真鍮を使って実に丁寧に仕上げてある。全機種入荷は夏ごろ。オーダーもOKだし出来上がりが早いのなんの!
--- CALL
Giorgianni Mpc.
日本初上陸のGiorgianni Mpc.!リード吹きのマスト・アイテム!この手のモノではツクリもいいし実に吹き易い!!
NEW CALL

Allessi Akright

---
---
---
Bach(old logo)
ぜーんぶ旧ロゴ!corp.のも!
NEW
CALL
Black Hill
---
---
---
Bob Reeves(Old Mdl.)
幻のワンピースも!
NEW
CALL
Bob Reeves "Chuck Findley"
これぞホンモノのCFモデル!12度の角度からリムの形、バックボア・シェイプまで全てがマンマの限定品!!
NEW CALL
Bush
---
---
---
Giardinelli(old logo)
マンハッタンにあった頃の!
NEW
CALL
Jerome Callet
---
---
---
Mark Curry
初期モノ!
NEW
CALL
Neil Sanders
---
---
---
Purviance
---
---
---
各サイズの在庫についてはお問い合わせ下さい。   
 
 MODEL & TYPE
Condition
Price
'Tax Excluding'
Picture

Mutes

---
---
---
Cases
---
---
---
Lubricants
---
---
---

newMonster Oil
最初入れてみた時は『マッタリ系で凄くタッチのいいオイルかも?」という印象くらいであまり「劇的変化」は感じなかったんだけど、自分のラッパで試してみたんだけど「持ち」が強力にいいんだよ、コレが!最低でも一ヶ月は持つ!!他のありとあらゆるブランドを試しても精々丸一日がいいとこなのに、こいつは驚異的だ!!タッチもどんどん軽く滑らかに変化していくんだよね。日本ではシキシキ、シャリシャリのタッチが反応も速いと信じられて愛好家(?)も多いけど、このSmoothnessを味わってしまった日にゃもうあの手の陶器の皿をフォークで引っ掻いてる様なタッチには戻りたいとも思わないやね。Doc’s Juiceはシリコン入りで御大の好みだそう。Base Oilは同じだから好きな方をどうぞ。まあこのBase Oilの原価からして、楽器用の全オイルのそれよりダントツで高価なNASA Gradeだから驚きモモの木でしょ!

NEW
¥1,000-
-
Stands
---
---
---
各サイズの在庫についてはお問い合わせ下さい。   
 
 MODEL & TYPE
Condition
Price
'Tax Excluding'
Picture
"On The Horizon" Stable Notes
リーダー東川幸嗣氏のプレイ炸裂!スムースなバンドのサウンドに、突き刺さるパツラの吹きまくり、この好対照が独特な魅力を湛えた作品。Weber Soundをチェックしたい人 にも!
NEW ¥2,500-
    







まず、在庫を電話またはメールで御確認ください。
商品が確認できましたら、下記の手順でお申し込みください。
商品は、入金を確認させていただき、送料着払いで発送させていただきます。
 
振り込み先 みずほ銀行 築地支店 普通2944832 (株)ザイレム 宛
     
代金引換配送 別途 代引料金がかかります。
送り先によって料金が違いますのでお問い合わせ下さい。
     
各種ローン 用紙を送付しますので記入後当社宛送り返して下さい。
→オリコ、ジャックス、アプラス、ニコス
 
以上のいずれかによって精算後、送料着払いにて当日発送致します。
tel_or